/

この記事は会員限定です

四元康祐「詩探しの旅」現在に直結する「戦時下」

[有料会員限定]

ストゥルガ詩祭では、ニコラやアミールのほかにも懐かしい顔があった。スロベニアの詩人、ブラネ・モゼテッチもそのひとり。彼は10年ほど前に詩人たちの相互翻訳ワークショップに僕を招いてくれた。

「やあ、久しぶり」と肩を抱き合うと「カズコは元気にしているか?」と尋ねてきた。そうだ、あの時は白石かずこも来ていたのだった。

1958年生まれのブラネは詩人、フランス文学翻訳者、詩書出版者にして詩祭主催者、そし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ドイツに長く住み、世界の詩祭を巡ってきた四元康祐さんのエッセー「詩探しの旅」。詩人たちとの魅惑の出会いや詩のエッセンスをバックナンバーでお楽しみください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません