/

この記事は会員限定です

コロナ禍、女性雇用に打撃 ITスキルの取得支援を

日本総合研究所研究員 井上恵理菜氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上たった。コロナ下では主に非正規女性の雇用環境の悪化が顕著だった。背景には日本の産業構造の問題点や家事・育児負担の集中などがあげられる。雇用の男女格差に詳しい日本総合研究所の井上恵理菜研究員に今後の展望も含めて聞いた。

――コロナで女性の雇用状況が悪化した要因をどのように分析しますか。

「日本は他の先進国と比べ、女性の雇用の悪化が目立つ。国際労働機関(ILO)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り844文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン