/

この記事は会員限定です

「佐藤会長、活躍の裏にAI時代」側近が見た将棋王座戦

将棋連盟常務理事・鈴木大介九段に聞く

[有料会員限定]

「佐藤会長活躍の背景にはAI(人工知能)時代がある」。第69期将棋王座戦(日本経済新聞社主催、東海東京証券特別協賛)で、日本将棋連盟の会長を務める佐藤康光九段(51)が挑戦者決定戦まで勝ち上がる活躍を見せた。故・大山康晴十五世名人以来35年ぶりとなる現役会長の挑戦まであと一歩。AIを使った研究が浸透する現在の将棋界で、激務をこなしながら第一線で戦い続けられるのはなぜか。将棋連盟の常務理事を務める側...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン