/

この記事は会員限定です

他人の手帳をのぞいてみると… 人物像想像する楽しみ

志良堂正史(ゲームプログラマー)

[有料会員限定]

手帳は、書き手が生きた証しである。東京・参宮橋にある「手帳類図書室」は、私が集めた他人の手帳や日記を読むことができる場所だ。もともと誰に見せるつもりもなく書いた記録だからこそ、書き込みにはその人の一瞬の感情や人生の断片が籠もっている。

男子高校生の恋愛日記や、難病にかかった女性の闘病記、切り抜きやメモ、創作が混然一体となった詩人のノート――。年齢、性別、職業も様々で、ひとつとして同じ内容のものは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません