/

この記事は会員限定です

ダクソフォン 独特の音色、表現は無限大

ドイツで創作の珍楽器、開発者の遺志継ぐ 内橋和久

[有料会員限定]

動物のうなりのような、人の声のような独特の音色がする。1980年代半ばにドイツ人ギタリストのハンス・ライヒェルが創作した「ダクソフォン」。同じくギタリストである私はこの音に魅了され、やがてダクソフォン奏者にもなった。その面白さは26年弾き続けた今でも無限大だ。

91年、神戸のライブハウスで知人がライヒェルを招きコンサートを企画した。私も誘われセッションに参加。「何だこの音、面白い!」。謎の楽器か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン