/

この記事は会員限定です

ミステリー・SF… 目利きが選んだ「3冊」はこれだ!

読み巧者9人のおすすめは 回顧2021

[有料会員限定]
本紙夕刊文化面「目利きが選ぶ3冊」(毎週木曜掲載)でおなじみの読み巧者9人に2021年の「3冊」を選んでもらった。

陣野俊史(批評家)

①ジュリアン・バトラーの真実の生涯 川本直著(河出書房新社・2475円)
②TOKYO REDUX デイヴィッド・ピース著(黒原敏行訳、文芸春秋・2750円)
③ディエゴを探して 藤坂ガルシア千鶴著(イースト・プレス・1870円)

①ジュリアン・バトラーなる架空の作家

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン