/

この記事は会員限定です

林真理子、新作「小説8050」で向き合う引きこもり問題

[有料会員限定]

引きこもりの長期・高齢化で80代と50代の親子が孤立する「8050問題」。新作長編でこの問題を取り上げた作家の林真理子(67)は「さらに深刻化した状況を想像すべきだ」と訴える。

4月末に刊行された「小説8050」(新潮社)は、都内で歯科医院を営む大澤正樹が主人公。順調そのものに見える人生だが、実は家族以外には言えない悩みを抱えていた。医師を目指し、有名中学に合格した長男の翔太が、中2のときから7年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン