/

この記事は会員限定です

家探し外国人の受け入れじわり 貸主代替わり、意識変化

[有料会員限定]

日本で暮らそうと考える外国人が直面する壁のひとつが家探しだ。慣習や言葉の違いから周辺住民とのトラブルを懸念する貸主や不動産業者は多く、実際入居を拒まれた経験のある外国人が目立つ。ただ外国人との交流の増加や多様性を重視する価値観の広がり、貸主の代替わりなどが重なり、積極的に受け入れるケースも出てきている。

「外国人を受け入れるとご近所に迷惑をかけてしまうかもしれない」。外国人住民が全体の1割を超すと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン