/

この記事は会員限定です

空き家対策で異業種が連携 ドローンで識別、調査費3割減

活用・解体企業、顧客を互いに紹介

[有料会員限定]

空き家問題の解消に向け、異なる業種が協力する動きが広がっている。衛星画像の解析が得意な企業が周辺をあらかじめ調べて別の企業の空き家調査員の負担を減らしたり、空き家を活用する企業と解体を支援する企業が顧客をお互いに紹介したりする。空き家対策の作業を効率化し、活用の裾野を広げる。

空き家の調査などを手掛ける空き家活用(東京・港)は、衛星画像の人工知能(AI)解析に実績があるサグリ(兵庫県丹波市)と連携...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1224文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン