/

この記事は会員限定です

握力があってこそ生き生きと動ける! 谷本先生の筋トレ

人生100年の羅針盤 順天堂大学先任准教授・谷本道哉さん

[有料会員限定]

握力が弱くなってくると、ペットボトルや瓶の蓋を開けるのが大変になる。実感している人も多いのではないか。物をしっかりとつかむ力は日々の生活に欠かせない。手軽にできる「握る」トレーニングをして、握力を保っていこう。

握る筋肉には指や手のひらにある内在筋と前腕を中心とした外在筋があります。内在筋は器用な動きを可能にし、外在筋は強い力を出すとき働きます。

今回紹介する強く握る筋トレでは外在筋の浅指屈筋(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン