/

この記事は会員限定です

男性育休、賛成71%だが… 「仕事の属人化」解消が課題

4月の法改正「知っている」57%

[有料会員限定]

男性社員の育児休業取得に賛成する人の割合が71%に上ることが、コンサルティング会社のワーク・ライフバランス(東京・港)による調査で分かった。今年4月から改正育児・介護休業法が段階的に施行されることについても57%が「知っている」と回答。ただ、男性の育児休業者がいない職場からは「仕事を任せられる仕組みがない」との声も多く、同社は「仕事の属人化」の解消が喫緊の課題とみている。

この働き方改革に関する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り575文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン