/

この記事は会員限定です

アトピー性皮膚炎、新しい薬が次々と かゆみ抑制に注目

カラダづくり

[有料会員限定]
皮膚の発疹が治まらず、激しいかゆみに悩まされるアトピー性皮膚炎。近年は国内で患者の増加傾向がみられる一方、新薬が次々と登場している。診療ガイドラインも新しくなり、治療の選択肢が増えてきた。

皮膚が赤くなる。ブツブツと発疹が出る。乾燥する。皮がむける。じくじくと液がにじみでる。アトピー性皮膚炎の症状は様々だ。原因も特定しにくく、アレルギーによる免疫異常のほか、皮膚への異物の侵入や過度な乾燥を防ぐ「バ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン