/

この記事は会員限定です

ブラックボックス 砂川文次著

出口なき抑制不能な苛立ち

[有料会員限定]

人に対して怒りの衝動を覚えることがたまにある。あとから考えれば些細(ささい)なことなのに、その瞬間は相手がとことん憎たらしくて、ひどい仕返しや残酷な罰を想像したりする。誰でもそんな時があるのだろうか。私の場合は脳内にとどまっているのだが、中には火薬に火がついたように暴発してしまう人がいる。

本書の冒頭で主人公「サクマ」は、バイクメッセンジャーとしてコロナ禍の東京都内の道を走っている。今お馴染(な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン