/

この記事は会員限定です

父と息子 作家 白岩玄

[有料会員限定]

昨年、10年以上一緒に暮らしていた愛犬を亡くした。うちには4歳の息子がいるのだが、火葬場で遺骨を見たからか、「○○ちゃんは骨になった」と言う。特に泣くこともなく、事実としてそれを受け入れているらしい。にもかかわらず、ふとしたときに「○○ちゃん、どこに行ったのかなぁ」と言う。「会いたいなぁ、また一緒に遊びたい」と言ったりもする。

息子くらいの年齢の子どもにとって、死はなかなか理解するのが難しいもの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン