/

この記事は会員限定です

水噴く戦艦大和や人形 尾道の夏に涼呼ぶ「水祭り」復活

今川吉弘(今川玉香園茶舗店主)

[有料会員限定]

透明なガラス台に将棋盤を挟んで2体の人形が座っている。向かって左手は将棋棋士の藤井聡太・五冠を模したもの。手にした駒から水がピューッと飛び出す仕掛けだ。

あす7月23日は広島県尾道市水尾町で毎年夏の風物詩となっている「水祭り」が催される。町のあちこちで見物客は水細工に目を丸くし、小さな子どもは水を浴びて大喜びする。

江戸後期に始まったとされる熊野神社の例祭だが、太平洋戦争で1941年にいったん途...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン