/

この記事は会員限定です

小泉武夫の食あれば楽あり ヤリイカのオリーブ焼き

[有料会員限定]

日本近海のヤリイカ(槍烏賊)は、外套膜(がいとうまく)(脚部を除く円錐(えんすい)形の胴体部)が40センチもあるが、カリフォルニアヤリイカ(加利福尼亜槍烏賊)はせいぜい15センチとずっと小ぶりである。アメリカの南カリフォルニア沖に群生しているのを、夏に漁船が出漁し巻き網で一網打尽にする。網からポンプでヤリイカを吸い上げて船上の漁槽に移し港へ直行、船が戻ると陸上加工所へ急送、凍結してから日本に送る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン