/

この記事は会員限定です

カンヌ映画祭 最高賞競うコンペ、男女均衡にほど遠く

カンヌ映画祭リポート①

[有料会員限定]

第75回カンヌ国際映画祭が17日夜、幕を開けた。レッドカーペットの上を歩くスターたち、フラッシュを浴びせるカメラマン。終わりの見えない新型コロナウイルス禍、ロシアによるウクライナ侵攻という世相の中での開催ながら、華やかさは例年と変わりない印象だ。

最高賞パルムドールを競うコンペティションはいつも通り豪華な顔ぶれとなった。「万引き家族」で最高賞を受賞し、韓国で撮った「ベイビー・ブローカー」をひっさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン