/

この記事は会員限定です

三谷幸喜が語る大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

[有料会員限定]

「源頼朝に長く寄り添い、彼なりのつらさ、孤独を十分に感じてきた。最後は静かに死なせてあげたかった」。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)で脚本を執筆する三谷幸喜は語る。ドラマの主人公は後に鎌倉幕府の最高権力者となる北条義時(小栗旬)だが、頼朝(大泉洋)は姉・政子(小池栄子)と結婚して義時の人生を変えた重要人物だ。6月26日放送回では、体調に異変を来した頼朝が馬上から崩れ落ちて終わった。

伊豆の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン