/

この記事は会員限定です

戦争の未来 ローレンス・フリードマン著

「次」をどう予測してきたか

[有料会員限定]

戦略研究の大家、マイケル・ハワード亡き今、英国のみならず世界的に同分野を牽引(けんいん)するローレンス・フリードマンによる本作は、とても読み応えがある。タイトルは「戦争の未来」となっているが、これからの戦争を予測するという内容ではなく、歴史の中で「次の戦争」がどのように議論されてきたのかを検証するものだ。ただしそのためには古今東西の戦争や戦略に関する膨大な知識がなければならず、やはりフリードマン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン