/

この記事は会員限定です

着物の帯は歴史の証人 産業の歩み、持ち主の思い鮮明に

収集4516本、気づけばギネス記録 吉野孝子

[有料会員限定]

「着物1枚に帯3本」と言われるように、帯によって着物は表情をがらりと変える。着物を着る習慣が薄れるとともに、帯に目を向ける人はさらに少なくなった。そんな風潮にさみしさを覚えるからこそ、私の関心の軸は着物よりも帯にある。20代から集め始めた帯は4516本のギネス記録となり、実際に保管している数はもっと多い。

両親ともに着物好きの家庭に育った。とりわけ父は、「子供」だから赤や花柄という考え方を嫌い、「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン