/

この記事は会員限定です

土を育てる ゲイブ・ブラウン著

耕さない農業、環境も収益も

[有料会員限定]

著者は米国ノースダコタ州にある2400万平米の農場で、農地を一つの生態系とみなす「環境再生型農業」を実践している。

重視するのは土の健康、すなわち地中の生態系の働きで、以下の6つの原則を守ることを提唱している。土を機械的・化学的にかき乱さない、土表面を被覆作物で常に覆う、動植物の多様性を高める、生きた根を保つ、動物を組み込む、そして土地の自然に沿い、経済的にも無理をしないことだ。

普通に畑を耕し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン