/

この記事は会員限定です

天草の海とキリシタン信仰の面影(文学周遊)

山田風太郎「不知火軍記」

[有料会員限定]

熊本県天草市の中心から南へ車で1時間余り。山あいの道を走り、長さ800メートルを超すトンネルを抜けると、本作のクライマックスシーンの場所に出る。羊角湾に面した崎津集落だ。

湾の向こうに広がるのは東シナ海。その方向に目をやると、集落の一角にシンボルの教会が見える。この地は、江戸時代にキリスト教が禁じられた後も信仰を守ってきた。寺社に参詣したときも「あんめんりゆす(アーメンデウス)」と唱え、クリスマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン