/

この記事は会員限定です

生きつづける民家 中村琢巳著

住まい維持の仕組みは文化

[有料会員限定]

「嫁入りと共に、蔵などの付属屋が婚姻先の敷地へ移築され」る。嫁入り道具として土蔵を持っていくお話で、今では想像すらし難いが、移築のよくある例だという。

書名の『生きつづける民家』とは、建物を「長持ちさせる仕組み」として、「循環した古家と古材」が流通し、「森や木を備える」社会があり、日常的な「職人衆の出入り」と、災害に対し「地域ぐるみで民家を守る」伝統の下で民家は維持されてきた、という意味である。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン