/

この記事は会員限定です

SNSによる中傷被害 相談前にまず記録 

ホーム法務Q&A(榊原富士子さん)

[有料会員限定]
芸能人やスポーツ選手が、ツイッターなどインターネット上で誹謗(ひぼう)中傷を受ける例が増えているようです。こうした被害に遭ったとき、どんな対応をとればいいのでしょう。

ネット社会では、匿名で簡単に人を傷つけることができます。女性プロレスラーを自死においやったケースもありました。相談先として、ネット関連企業が参加する一般社団法人セーファーインターネット協会(SIA)は「誹謗中傷ホットライン」を運営して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン