/

この記事は会員限定です

不妊治療の保険適用拡大 負担抑える制度は

[有料会員限定]

4月から不妊治療の保険適用範囲が拡大された。日本ではすでに夫婦の5.5組に1組が不妊の検査・治療の経験を持つが、改正で、経済的に諦めていた患者でも治療に挑戦できるようになってきた。その他に使える制度も確認し負担を軽減しよう。

不妊治療には、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精などの基本治療法がある。高度な治療法になるほど費用は高い。保険適用前の1周期当たりの費用は、顕微授精では50万円を超...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン