/

この記事は会員限定です

四元康祐「詩探しの旅」 こんにちは、隣人

[有料会員限定]

ドイツ・ミュンヘンからマケドニアの古都ストゥルガまで、家族みんなで車に乗って詩祭に出かける。そう決めた後、日本に一時帰国して本屋に行くと、一冊の本が目に飛び込んできた。吸い込まれそうな深いブルーと見開かれた切れ長の瞳の表紙。帯には「旧ユーゴスラビア。NATO軍による激しい空爆下で、帰国を拒み詩作をつづけた一人の女性の、胸をうつエッセイ集」。そんな人がいたのか、と思わず手にとった。今回の旅は、スロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン