/

この記事は会員限定です

女性誌が生き方を後押し 速水健朗氏が選ぶ一冊

JJとその時代 鈴木涼美著

[有料会員限定]

休刊した雑誌『JJ』の誌面には「慶応」や「甲南女子」の学校名や「国際線CA」「総合商社勤務」などの職業名が登場。服だけでなく大学、職業、結婚もハイなブランドを選び取れが「JJ哲学」だったという。

『JJ』『CanCam』など女性ファッション誌の"派閥"は、単に着るものの傾向を意味するものではなかったという。一種の総合的生き方ガイド。特にコンサバと呼ばれる「男性受け」を意識した分野は特徴的。著者は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン