/

黒島結菜主演の22年朝ドラ 沖縄やんばる舞台に撮影開始

黒島結菜がヒロインを演じる、NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(2022年春から放送)の撮影が始まった。22年は沖縄が本土に復帰して50年の節目にあたる。「やんばる」と呼ばれる沖縄北部の村で生まれ育った女性を主人公に、家族とふるさとの物語を復帰前の1960年代から描く。「コロナ禍による不安や経済的な苦労があったりする中だからこそ、美しい家族と風土の物語をつくりたい」と小林大児・制作統括は意欲をみせる。

ヒロイン・暢子(のぶこ)は農家の4人兄妹の次女として生まれ育ち、一度だけ家族と食べた西洋料理の魅力にとりつかれる。本土復帰の72年、シェフを目指して東京に向かい、やがて自分らしい生き方を見つけて沖縄料理店を開こうと奮闘する。朝ドラ「マッサン」などで知られる羽原大介氏のオリジナル脚本。タイトルの「ちむどんどん」とは沖縄の言葉で心が高鳴る様子を意味しているという。

東京・渋谷にあるNHKのスタジオに、床の間のある伝統的な民家のセットをつくり、撮影を開始した。地元の人たちから話を聞き、60年代のやんばる地方の暮らしぶりを再現。「渋谷のど真ん中であることを忘れるほど、沖縄の地方の雰囲気がスタジオに充満している」と小林氏は自信をみせる。当時のやんばる地方は「電気が通ったばかりでガスはなく、交通手段としてバスが重要だった」といい、車両が右側通行、法定通貨が米ドルだった様子も描かれるという。

ヒロインを演じる黒島は沖縄県出身の24歳。「コメディーもシリアスな役も演じ分けることができ、すがすがしく清潔感がある」と抜てきされた。コロナ感染の状況次第だが、沖縄ロケも予定しているという。「沖縄の風と光の中で撮影したい。すてきな風景の中でキャストの皆さんがお芝居している場面をお届けできると思うので、楽しみにしてほしい」と小林氏は語っている。

(関原のり子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン