/

この記事は会員限定です

おしゃべりなトルコの文様(3) 唐花文様(ハターイー文) 錦織の衣装(部分)

美術史家 ヤマンラール水野美奈子

[有料会員限定]

唐花文様は、中国の唐代に流行した人工的な花文様で、正倉院の唐代の錦などにその典型を見る。イスラーム世界では、絵画の基本とされる7種の文様の中で唐草と双璧をなす文様である。

その名称はハターイーで、「中国の」を意味する。ハターイーの語源は、モンゴル系民族が建国した契丹(遼)に由来するが、イスラーム世界では広義に解釈し、中国やその周辺のものと解釈する。日本でいう唐物のような感じである。トルコでは、あ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン