/

劇作家の清水邦夫さん死去 84歳、「楽屋」

清水邦夫さん

「真情あふるる軽薄さ」「楽屋」など詩情あふれる戯曲で知られた劇作家、清水邦夫(しみず・くにお)さんが4月15日午後0時46分、老衰のため死去した。84歳だった。告別式は近親者のみでとりおこなう。連絡先は日本劇作家協会。

早大在学中、「署名人」でデビュー。1969年の「真情あふるる軽薄さ」を皮切りに演出家の蜷川幸雄とコンビを組み、話題を呼んだ。74年、「ぼくらが非情の大河をくだる時」で岸田国士戯曲賞を受賞。76年から妻で女優の松本典子と演劇企画「木冬社」で活動を始め、現代演劇を代表する劇作家として作・演出をてがけた。2001年の「女優N―『戯曲推理小説』より」が最後の作品となった。80年、「わが魂は輝く水なり」で泉鏡花文学賞、83年、「エレジー」で読売文学賞を受賞。2020年12月から体調を崩していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン