/

この記事は会員限定です

2022年、住宅市場はどうなる? 識者に聞く

高値は続く? ローン減税見直しの影響は?

[有料会員限定]

2022年、住まいについて考える人も多いのではないか。新型コロナウイルスの影響が残る中、低金利が続くうちに在宅ワークがしやすい家などへ住み替える意欲は根強い。ただ、21年は旺盛な需要を反映して都心のマンションなどの高騰が目立った。新年は潮目が変わるのか。住宅ローン減税見直しの影響などと併せて、3人の専門家に展望を聞いた。

都心の住宅高騰続く 長嶋修さくら事務所会長

――21年の住宅市場は都心の新築...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2742文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン