/

この記事は会員限定です

そこに沈没船がある限り 船舶考古学の知られざる世界

沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う 山舩晃太郎氏(あとがきのあと)

[有料会員限定]

海の底に眠る船や遺跡を発掘・調査する。なんともロマンあふれる職業、それが水中考古学者だ。「国内にはまだまだ専門家が少ない」が、近年海外では注目が高まっている。新型コロナウイルスが流行する前は、年間6、7件はプロジェクトに関わってきたエキスパートのエッセーだ。

独立した学術分野ではなく「あくまで一般の考古学の一部」だ。ただし、水中の発掘作業や引き揚げた遺物の保存には特殊な知識や技術も要求される。それ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン