/

この記事は会員限定です

ケルト人の夢 マリオ・バルガス=リョサ著

陰影に満ちた活動家の生涯

[有料会員限定]

世界市民。

どこにも帰属しない代わりにあらゆる場所に帰属する者。海外雄飛を目指す若者なら一度は夢見るはずのこの境地を実際に生きた人物がいた。

ノーベル賞作家が描くのはアイルランド生まれの英国人外交官ロジャー・ケイスメントの生涯。20世紀初頭のコンゴでゴム採集の過酷な実態を知り、その後も南米ペルーで同じような搾取と悪逆無道の地獄と向き合い、数々の妨害にもめげずその改善を国際社会に訴え続け、やがて故...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン