/

この記事は会員限定です

和楽器プレーヤー縦横無尽  時空を越えて活躍 

[有料会員限定]

箏(こと)や三味線といった和楽器のプレーヤーたちが縦横無尽な活躍をみせている。「日本と西洋」「古典と現代」といった壁を、自然体で軽々と飛び越えている。

7月、読売日本交響楽団の主催公演に登場したのは箏の新星、LEO(今野玲央)だ。演奏したのは英国在住の作曲家・藤倉大に個人で委嘱した協奏曲。4月に無観客で収録していたが、常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレの指揮で聴衆に初披露。妙技でクラシック音楽フ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン