/

この記事は会員限定です

劇団ひとり、たけしの小説映画化 浅草芸人の師弟愛描く

[有料会員限定]

お笑いタレントの劇団ひとり(44)が監督を務め、ビートたけし(74)の自伝小説「浅草キッド」を映画化した。たけしと伝説的な舞台芸人との師弟愛にほれ込み、長く温めてきた渾身(こんしん)の一作だ。

戦前のエノケン、ロッパから伴淳三郎、渥美清、東八郎、萩本欽一らそうそうたる芸人、喜劇人を生み出してきた東京・浅草。ひとりのこの場所への憧れは人一倍強い。「陰日向(かげひなた)に咲く」「青天の霹靂(へきれき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン