/

この記事は会員限定です

北前船の航跡今も ひな飾りから昆布・ニシン・瓦まで

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

江戸幕府の命を受けた河村瑞賢が東北から日本海を経て上方、江戸に至る西廻り航路を拓き、今年でちょうど350年になる。海の大動脈はその後、今の北海道まで延び、「北前船」と呼ばれる木造回船が北から海産物や米を、江戸・上方からは都の文物を日本海沿岸の港町に届けた。明治に入り輸送の主役を鉄道に譲ってからも、北前船の文化や味覚は地域に根付き、生き続けてきた。つなぐ努力は今も途切れない。新しい素材やインターネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4390文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン