/

中小企業の離職率低下へ 「定着する5つの軸」指標に

就活のリアル(海老原嗣生さん)

中小企業の離職率は大手よりも高い。専門家は採用の決め手を企業と学生の「相性」とし、面接時には「会社に定着するための5つの軸」を指標として使えば離職率の低下につながると提唱する。

中小企業の高い離職率の理由は、社風や会社の方針と「合っていない」学生を採用してしまい、その後、社内でも上司や配属地域、担当する商品などを変更して調整する余裕がないためではないか、と考えている。そこで、学生にも経営者にもぜひ、お伝えしたいことがある。

採用の決め手を相性にしてほしいのだ。その際に使える指標として「会社に定着するための5つの軸」をお薦めしたい。約20年前にリクルートが第二新卒者の調査から導き出したもので、以下のようなものになる。

①周囲との関係については「競争型か協調型か」②発想の方向性は「斬新か伝統重視か」③意思決定要因は「情か理か」④「行動系、思考系」どちらのタイプか⑤スピード感は「粗いが速い、緻密だが遅い」かだ。

たとえば①の周囲との関係であれば「競争して一番になれ」なのか、「いやいや仲良く、縁の下の力持ちで」なのか。企業内の環境が「競争」であった場合に、いくら優秀でそつのない学生でも「協調」重視の学生だと、なじめず辞めてしまう。

②~⑤の軸も同様に考えてほしい。学生も企業も「給与」や「偏差値」などのスペックではなく、この5つの軸が合っているかどうか、面接で調べあってほしいのだ。これで相当、「こんなはずじゃなかった」という離職は防げるだろう。

そのために新たな面接の方法を提案したい。通常の面接は行動観察型と呼ばれ、応募者が過去に経験した出来事を細かく分析しながら、人物像を把握していくというものだ。この方法には以下のような問題がある。

①事前に面接の準備をしていなかった学生だと話すことがない②準備のし過ぎで脚色が多い学生もよく現れる③採用側が見たい学生の側面が面接時になかなか現れないといったものだ。

そこで、新たな手法として状況設定型を提唱したい。これは、企業が聞きたい要素を含むような状況設定をして、それを二択の選択肢で応募者に選ばせるというものだ。

たとえば「競争型か協調型か」を見極めたいのであれば、「あなたは本日、5対5の合コンの約束があります。ところがなんと、友人4人が病気や仕事で来ることができなくなりました。どうしますか」などと聞く。

これで「①ライバルが減りラッキーと思う②抜け駆けは良くないから延期する」の二択から選ばせる。そして、競争型の①を選んだ学生には「相手はバイリンガルで異性の友人も多い活動家など。あなた一人で相手をできますか」といった感じで畳みかける。そこで臆するようなら「やや競争型寄り」と判断する。こんな感じで、聞きたい話をズバリ聞き、連続質問で裏をとっていくのだ。

慣れると、企業も学生もけっこう楽しく、それでいて人間性の把握も進む。離職率を低下させるためにも、一度トライしてほしいところだ。 (雇用ジャーナリスト)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

就活

就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン