/

この記事は会員限定です

「千と千尋の神隠し」舞台化 祝祭感あふれる演出に

[有料会員限定]

宮崎駿監督の人気アニメ映画「千と千尋の神隠し」が3月、世界で初めて舞台化される。演出を手掛けるジョン・ケアードと、共同翻案を担う妻の今井麻緒子に構想を聞いた。

映画はスタジオジブリが製作し、2001年に公開された。引っ越し先に向かう少女・千尋は異世界に迷い込み、豚にされてしまった両親を助けるため、やおよろずの神が集う銭湯「油屋」で働き始める。国際的にも評価は高く、02年のベルリン国際映画祭では最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン