/

この記事は会員限定です

年金改正、60代前半減りにくく後半は毎年増額 就労促進

人生100年の羅針盤

[有料会員限定]

「人生100年時代」といわれる現在、年金を受給できる年齢になっても働き続けることが徐々に普通のことになってきている。今回の年金改正のなかにも、そうしたシニア就労を促進・支援する内容が盛り込まれた。在職定時改定の新設と在職老齢年金の改正だ。60代以上でも、いきいきと働き続けるためには新制度の知識も頭に入れておきたい。

「60代以上の人の働くモチベーションの維持・向上のための改正といえる」。社会保険...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン