/

この記事は会員限定です

質問は自己表現だ 文化人類学者 上田紀行

[有料会員限定]

大学でも、企業でも、講義やプレゼンテーションが終わった後の反応は日本と外国では全然違う。外国では話が終わった途端に我先にと手が上がり、質問やコメントが殺到する。日本はほかの人の質問を待つ人が多く、特定の人がいつも口火を切ることになりやすい。

それを痛感したのはアメリカ西海岸のスタンフォード大学で教えていた頃だ。90分の講義時間で50分以上話すと学生がイライラしだす。そして講義が終わるやいなや、矢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン