/

この記事は会員限定です

徳島・阿佐海岸鉄道DMV 列車にバスに変身し発進

鉄道の旅

[有料会員限定]

列車とバスのコラボレーション、DMVが華々しくデビューした。地元の高校生が演奏する太鼓の演奏とともに、バスから列車に、列車からバスにモードチェンジ。

昨年12月25日、四国の阿波(徳島県)と土佐(高知県)を結ぶ阿佐海岸鉄道に、本格的な営業運転では世界初のDMV(デュアル・モード・ビークル)が走り始めた。線路の上は列車、終着駅から先は路線バスになって道路を走る「夢の乗り物」だ。どんな乗り心地だろう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン