/

この記事は会員限定です

出土品そっくり? 全身タイツで「土偶マイム」

縄文のビーナス、ハート形土偶…特徴を身体で表現 高橋健

[有料会員限定]

スーツに身を固めた生真面目な顔の男が壇上に上がる。めがねを外し、ネクタイを取り、上着とシャツ、ズボンまでも脱ぎ捨てた。あっけにとられる観客が見つめるのは、茶色い全身タイツ姿の私。さあ、「土偶マイム」のはじまりだ。

考古学が専門で、横浜ユーラシア文化館(横浜市)の学芸員をつとめる私はパントマイマーでもある。大学院生時代、言葉ではなく踊りや身ぶりで伝えるパントマイムに魅了されたのがきっかけで「白鳥兄弟...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン