/

この記事は会員限定です

香港で家事メイド頼り、帰国で一転 ベアーズ社長

子どもの送り迎え毎日 高橋健志さん(カジダンへの道)

[有料会員限定]

1996年に26歳で妻とともに香港に渡り、夫婦で同じ現地の商社に勤め始めた。働き始めてすぐに妻が第1子の長男を妊娠し、出産した。海外での赤ちゃんの世話は大変なイメージがあるだろうが、メイドがいてくれたおかげで救われたと思う。

日本では考えられないことだが、香港では中流家庭でもメイドを雇う。フルタイムで共働きの夫婦にとっては家事も育児もこなしてくれて、ものすごく助かる。この経験は家事代行サービスの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1802文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン