/

この記事は会員限定です

「マツケンサンバⅡ」作曲家が語るアナログ世代の心

「アキラさん」は音楽を楽しむ天才 宮川彬良氏(あとがきのあと)

[有料会員限定]

数々の舞台・劇伴音楽を作曲し、「マツケンサンバⅡ」は一世を風靡した。テレビ番組では音楽を分かりやすく解きほぐす。昨年還暦を迎え、半生を自伝エッセーにつづった。作品作りの試行錯誤も明かす。「デジタル時代に、アナログで音楽作りをした者の記録を残したかった。今の子どもたちが作曲家になったとき、振り返る資料になれば」

子どもの頃から、作曲家の父・宮川泰に憧れていた。アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌などヒ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り669文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン