/

この記事は会員限定です

古川日出男、地下鉄サリン題材に長編 多様な世界観示す

[有料会員限定]

作家の古川日出男(55)が、オウム真理教が起こした地下鉄サリン事件を題材とした長編を出した。「世界観は一つではないと示すのが文学」と述べ、ありえたかもしれない日本を描く。

1995年3月20日に起きた地下鉄サリン事件は大きな衝撃だった。「前日夜には友人の結婚式2次会があり、自らも2カ月後に結婚を予定していた。事件はヌルッとした異様な感覚をもたらした」。テレビで次々に紹介される教団メンバーには同世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン