/

この記事は会員限定です

面接での沈黙回避 不慣れな面接官、就活生も「助け舟」

就活のリアル(海老原嗣生さん)

[有料会員限定]
採用面接の初期段階で起きがちな気まずい沈黙。ただ実は、面接官も不慣れというケースも少なくない。専門家によれば、就活生のちょっとした「助け舟」が事態を好転させる可能性があるという。

面接の時にどうしても話が続かず、座が白けて雰囲気が悪くなる、という話をよく聞く。とりわけ、リモートだとジェスチャーやアイコンタクトも効かず、どこをどう見れば良いかで悩むことが加わり、沈黙に陥りやすい。こうした場合の打開策に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン