/

この記事は会員限定です

緑の天幕 リュドミラ・ウリツカヤ著

弾圧の時代 それぞれの生

[有料会員限定]

1953年のモスクワ。スターリンが死んだとき、主人公たちは皆子供だった。写真を撮るのが大好きなイリヤ、ピアニストを夢見るサーニャ、ユダヤ人の孤児ミーハ。いい写真が撮りたくて危ない大冒険をしたり、不良との喧嘩(けんか)で指を怪我(けが)してピアノを諦めたり、友人の祖母に読書の楽しみを教わったりという、仲良し3人の子供時代から物語は始まる。

本文だけで700頁(ページ)を超える大作だが、章ごとに中心...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン