/

この記事は会員限定です

「音楽を浴びて」 聴き放題のレコード博物館

廃校修理し16万枚所蔵、収集家の遺志継ぎ運営 中村昌彦

[有料会員限定]

長崎県西海市のいまどき携帯電話も通じない山中に、ちょっと変わった博物館がある。レコード約16万枚を所蔵、来館者が自由に手に取って聴ける「音浴(おんよく)博物館」だ。私は長年のスタッフで、現在は館長を務めている。2001年に開館したこの博物館は、ある収集家が注いだ情熱が生んだものだ。今は亡きその人は栗原栄一朗さんという。

栄一朗さんはもともと岡山県で働いており、CDの登場で捨てられるようになってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン