/

この記事は会員限定です

家事・育児で社員の心つかむ サイボウズ青野慶久社長

サイボウズ社長(カジダンへの道)

[有料会員限定]

家事・育児をするなんて、自分の時間を取られてストレスだと思う人もいるかもしれない。だが、僕の経験からいうと、家事をすることで得たものは少なくない。何より大きいのは、子どもと一緒にいる時間が増えたことだ。在宅勤務をしていると、夕方、帰ってきた子どもたちが話しかけてくる。子どもはかわいいし、こんなところに幸せがあったのかと感じる。

家庭の中で存在感が薄い父親も少なくないようだけれど、こと我が家に関し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン