/

この記事は会員限定です

ソ連兵へ差し出された娘たち 平井美帆著

性被害の実態を言葉で残す

[有料会員限定]

時に言葉は真実を覆い隠す。子どもに対する性犯罪を「いたずら」と呼び、レイプを「セクハラ」と言い換えることもある。本書で描かれる「接待」もそんな言葉だ。

敗戦直後の満州に取り残された黒川開拓団は、暴徒化した現地民による襲撃を避けるためにソ連軍に助けを求めた。その引き換えに、女性による「接待」が行われた。対象は数え年で18歳以上の未婚女性。お茶を汲(く)んだりするのだろうかと、少女は思ったという。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン